Business 事業紹介

Business事業紹介

電線・ケーブル線の被覆の買取を行っています。

電線・ケーブル線の被覆を少量から買い取ります。
アフターサポートも充実しています。
現場での丁寧な説明や実演、電線に関する困り事は何でも相談して下さい。
被覆が定期的に出る企業や大量に出る企業の場合は別途相談致します。
全国各地買取地域を拡大中!

取り扱い(買取ができるもの)

塩化ビニール被覆

(ポリ塩化ビニル、polyvinyl chloride、PVC)または塩化ビニル樹脂とは合成樹脂(プラスチック)の1つで、塩化ビニル(クロロエチレン)の重合反応で得られる高分子化合物である。
塩化ビニール、塩ビ、ビニールなどと略される。軟質ポリ塩化ビニルは、ソフトビニール(Soft Vinyl)、ソフビとも呼ばれる。しかし「ポリ」または「樹脂」を略した呼称は、その原料である単量体の塩化ビニルと混同するため、単量体の塩化ビニルを特に塩化ビニルモノマー (vinyl chloride monomer, VCM)

色-何色でもOK
太さ-細いもの太いものOK
長さ、大きさ-どんなんのでもOK

設備のご紹介

  • 粉砕機

  • 風力粉塵選別機

  • ペレット製造機

  • coming soon

処理費用サンプル

月の処理費用のサンプル 電線・ケーブル線の被覆の処分費 40円/kg
1ヶ月400kg(フレコン1袋)が5袋(2,000kg)出るとします。
40円/kg × 2,000kg = 80,000円円/月
80,000円/月 × 12ヶ月 = マイナス960,000円/年
約100万円近くの出費が年間なくなります。
新月と一緒にこのプロジェクトを行えばこのマイナスの部分無くなりプラスになります。

お客様の声

お客様A 売れるんだと思いました。話を聞いて取引の決め手になったのは一番のポイントは処理費用が抑えられる事銅を売却してその中から処分費を差し引いても利益が出ていました。PVCを買ってもらいマイナスだった処理費用がプラスになりました。

お客様B うちの工場は小さく物を置くスペースが限られてるので4.5袋溜まったら空いた時間に新月さんの工場まで持って行ってます。助かっています。

お客様C けっこう塩化ビニールが溜まってきどのように処分しようかと考えてた時に営業マンが見えてPVC欲しいです、しかも買取をするという事でタイミングが良かった!処分費がかからなくて助かりました。

出張買取対象エリアが広範囲

対象エリア-東海エリアを中心に関東地区関西地区など全国各地に拡大中

ページトップへもどる